無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年7月14日 (火)

冥王星

本日、アメリカの惑星探査機ニューホライズンズが冥王星に最接近します。2006年に打ち上げられて、9年かかってやっとの到着です。長かったなあ。今年に入ってから毎日のようにNASAのニューホライズンズのホームページを見てました。 (^o^)

冥王星は暗く、小さく、個人の持っているような天体望遠鏡では見ることさえ無理。それだけにすごい楽しみです。どんな発見があることやら。ガミラスノ前線基地や反射衛星砲がないことは確かですが・・・。冥王星の原住生物も。 (^o^;)

本日のNHKの9時のニュースで特集をやるみたいですが、まだ時間があるので、宇宙戦艦ヤマトの第8話を見ています。 (^o^;)

2015年7月13日 (月)

セレスピードオイルとミッションオイル

今回のクラッチ交換の作業明細を見ていて気が付いたことがあります。

トランスミッションオイルとセレスピードオイルがあります。セレスピードはMTなので、セレスピードオイルのほかにミッションオイル(ギアオイル)が必要です。すぐに気が付くことなのですが、セレスピードのオイルのことを検索するとセレスピードオイルのことばかり。ミッションオイルのことをすっかり忘れておりました(笑)。

明細を見るとミッションオイルは3,300円のものを2L入れ、セレスピードオイルは指定の“TUTERA CS SPEED”(入れるのは0.6Lですが、請求は1瓶です。あまりを貰っておいたほうがよかったかなぁ)。

整備、消耗品交換を今まですべて記録しているのですが、履歴を見るとセレスピードオイル交換だと思い込んでいたものが、実はミッションオイルの交換だったことがわかったものが2件ありました(笑)。

7/4にセレスピードオイルを交換を依頼したのですが、心配になって明細表を見直すと案の定、セレスピードオイルではなくミッションオイル交換(笑)になっていました。営業からメカニックへの伝達がうまくいかなかったのか、メカニックが勘違いをしたのかわかりませんが。 (^o^;)

ミッションオイルもいずれ交換しなければならないので、別にこれはこれでよいのですが(メンテナンスメニューの順番が変わっただけだと思えば)、前回交換してから走行距離が100km弱だぞ!!特別値引きは実は「前回間違って、セレスピードオイルではなくてミッションオイルを交換してしまいました。テヘ(笑)(料金返金・・・・返金にしちゃ、ちょっと多いぞ)」のような気がします。今回は明細にはミッションオイル交換が載っていますが、実際には行われず、書類上、7/4ではなく7/11に交換してことにしたのではないでしょうか。さりげなく、セレスピードオイルも全とっかえしてあったし・・・。何の説明もありませんでしたが・・・・(追求する気もないけど)。 (^o^;)

めでたしめでたし・・・・・・・ついでにエンジンマウントも交換しておけばよかった(笑)

2015年7月12日 (日)

クラッチ交換

クラッチ交換に出していたAlfa147TIが戻ってきました。

新車登録時からクラッチ交換なしに総走行距離が10万キロを
越えてしまいました。これで一安心。

ディーラーでのクラッチ交換の値段です

●クラッチ交換
・トランスミッション
  &セレスピードアクチュエーター脱着  75,000円
・クラッチオーバーホール         45,000円
・レリーズフォークブッシュ          500円
・レリーズフォークブッシュ          500円
・レリーズベアリングスリーブ        2,120円
・フィンガーボルト              180円
・セレスピードオイル            5,250円
・トランスミッションオイル         6,600円(2L)
●リアバランサーシール取替         8,000円
 フライホイール脱着
 バランサーシール             1,900円(2)
・パーツクリーナー             1,500円
・廃棄物処理代               1,271円
・特別値引き               ▲8,302円
・消費税                 11,482円
・端数調整                  ▲1円

   合計                155,000円

 特別値引きや端数を調整しての「155,000円」という値段は
 “Alfa155”と引っかけているのでしょうか? (^o^;)

クラッチ交換の後、慣らし運転も兼ねて、小菅の湯(山梨県)
まで走りに行ってきました。 (^o^;)

2015年7月 6日 (月)

クラッチ板の交換

このブログも1年以上サボっていました。

昨年48万円で買った、Alfa147TIですが、無料でアクチュエーターとセレポンプを交換してもらった後は故障もなく、驚くほどの健康優良児っぷりで、毎日の通勤に、買い物に、旅行、ドライブ等に活躍しています。まあ、購入時8年落ちのご老体なので、点検時の消耗部品の交換はありますけどね。一昨日もセレスピードオイルの全とっかえでディーラーまで行ってきました。

セレスピードオイルは使用環境が過酷だし、空気にも触れる(オイルの量を蓋をあけて点検するでしょう)ので、当然劣化するだろうし、エンジンオイル並みにとはいいませんが、1年に1度は交換したほうが良いのではないかと思っています。

買ってからメンテナンスには気を使ってきたつもりだったのですが、クラッチ板の交換を忘れていました(笑)。整備記録簿を見ても新車登録時からクラッチを交換した記録がありません。現在の総走行距離が101,000キロ。本来は7万キロくらいで交換なのですが、101,000キロまで来てしまいました。このままではヤバイことは明白なので、ディーラーにクラッチ交換を依頼してきました。それにしても、兆候は全く見られず、ディーラーでもこの車を点検で預かったときにテストで乗った時も特に問題はないので・・・とのことでした。クラッチ板がすり減っていても、セルスピードがうまい具合に繋いでいるのかもしれませんね。

急なことなので、代車の手配もつかず、今後1週間は歩いての通勤です。 (^o^;)

« 2014年4月 | トップページ | 2016年1月 »

最近の写真

  • 01_2
  • 01