無料ブログはココログ

2012年1月17日 (火)

ウルグアイのワインを飲んでいます

久しぶりにウルグアイのワインの飲んでいます。今回はもちろんタナ種で作られた赤ワインですが、”JUANICO”という会社の”BODEGONES DEL SUR”という2009年もの。”TRAVERSA”よりはちょっと高めですが、飲みやすくおいしいワインでした。 (^o^)

思えばモンテビデオのカラスコ空港の売店でたまたま買ったワインがおいしくて、ウルグアイのワインを飲むようになりましたが、日本じゃマイナーすぎてお店じゃまず置いてありません。でも通販で手に入るのですからありがたいものです。地球の裏側にいてもウルグアイのワインが飲めるのですから。

2012年1月15日 (日)

ウルグアイのワイン

だいぶサボってしまいました。 (^o^;)

正月用に買ったモルドヴァのワインを全部飲みきってしまいましたので、次のワインを注文しました。今度はウルグアイのワインです。

ウルグアイのワインはお気に入りなんですが、なかなか売ってなくて…(^o^;)

でも、これからはいつでも買うことができるなぁ。

2011年12月29日 (木)

モルドヴァのワイン

注文していたモルドヴァのワインが今日届いた。

モルドヴァ産のワインはロシア料理屋で注文すると1本5000円と高く、飲みたくてもなかなか注文することのできないワインだった。

先日、ネットで扱っているお店を見つけ、値段も手頃だったので2本注文しそれが本日届いたわけだ。

本日飲んだのは“シャルドネ・デ・プルカリ(2003年物)”。モルドヴァのプルカリ村で作られた白ワインでシャルドネという葡萄の品種で作られているのだそうだ。シャルドネはフランス語なので“シャルドネ・ド・プルカリ”というべきなのだろうが、ロシア語でそのまんま書いてあるので
読むときは“シャルドネ・デ・プルカリ”としか読みようがない(笑)。

味は飲みやすくとてもおいしかった。憧れのモルドヴァワインは期待を裏切らなかった。

もう1本の“ソーヴィニョン・デ・プルカリ”もどんな味なのか楽しみだ。

2010年11月21日 (日)

ドメーヌ・レ ・グリフェ

今日は午前中に愛車を車検に出しに行き、午後からは
することもないので、チーズをツマミにドメーヌ・レ
・グリフェ(ボージョレ・ヌーヴォーの1銘柄)を
飲んでます。

休日だし、、誰も訪ねて来る訳でもないので、真昼間から
酒を飲んでいても全然問題はないのです。 (^o^;)

一人暮らしだから、気兼ねする必要もないしね。

いつもはもっと安い価格帯のボージョレ・ヌーヴォーで
済ますのですが、今回はドメーヌ・レ・グリフェに。
まぁ、行った酒屋にこれしかなくて、仕方なしに買った
というのが真相(笑)ですが、店のおばあちゃんがいう
とおり、とても美味かったです。買ってよかったなぁ。

愛用のシャトー・ラギオールでコルクを抜くのはたまり
ませんなぁ。 (^o^;)

2010年5月12日 (水)

Tinto peruano

タベルネーロ(スペイン語で「居酒屋の主人」の意味)というペルーの赤ワインを買いました。マルベック75%、メルロー25%のフルボディ。ペルーのワインは違う銘柄は飲んだことがありますが、タベルネーロは初めて。どんな味がするのか楽しみです。今飲んでいるヴィーニャ・マイポ(チリ産のワイン)をさっさと飲んでしまわなくては。 (^o^;)

最近の写真

  • 01_2
  • 01