無料ブログはココログ

2016年10月 1日 (土)

勝沼に行ってきました

ジュリエッタで勝沼に行ってきました。お目当てはもちろん葡萄です。 (^o^;)


01_2

              まずは葡萄の試食を (^o^)


02

              お昼はほうとうです


03

             今回は翠峰を食べました


04


2016年9月25日 (日)

沼津に行ってきました

今日は沼津にふらっと行ってきました。家を出たのが11時近かったため、観光もせずにご飯を食べて、遊覧船に乗っただけで戻ってきました。 (^o^;)

自宅→八王子バイパス→国道16号→国道129号→相模原相川IC→圏央道→海老名JCT→東名高速→沼津IC→沼津港

帰りは同じルートを戻ってきました。


02
                  沼津港

01
                昼食の沼津丼

03
                 遊覧船

04


2016年9月10日 (土)

給油口が開かない (^o^;)

中古で買ったジュリエッタですが、買ってから故障もなく、みごとな健康優良児っぷりを発揮していましたが、今日、ガソリンスタンドで、給油しようとすると、給油口の蓋が開かない。 (^o^;)

もちろん、ドアロックは解除してあります。まあ、ネットでこの症例は把握済みだったので、慌てることなく、リアゲートを開けて、例の赤い紐を探します。

紐がない!! 

取扱説明書を開いて、場所を再度確認しましたが、図の場所に紐がありません。

見てくれ重視で、ダサい紐は目立たないように隠したのかなぁ。まあいいや、ディーラーに行くことにしました。 (^o^;)

給油はこまめにしているので、ガス欠になる心配はありません。

ディーラーで見てもらうと、給油口の蓋をロックするゴムパーツの周りが汚れていたのが原因で、蓋が開きにくくなっているので、清掃しておきましたとのこと。本当か? (^o^;)

ここまでのやり取りは営業氏としているのだが、給油口はまた開かなくなるかもしれないし、そんなことぐらいでわざわざ20kmも運転してディーラーに来るのもばかばかしい(笑)ので、営業氏に取扱説明書に載っている、赤い紐が見当たらない件を聞いてみた。最初に赤い紐の件を話しておいたのですが、この時完全にスルー状態だったので。 (^o^;)

メカニックに確認してもらったところ、「紐がちぎれてなくなっていますね」とのこと。ジュリエッタを買った時から、何度もリアゲートを開けたが、赤い紐を見た覚えがない。どうも最初からついていなかったようだ。

中古で買ったのでしょうがないが、この車を買ったときは赤い紐の存在すら知らなかったし、そういうものがあること自体を教えてくれとも良さそうなのだが(ジュリエッタはこのディーラーで買った)。ついでに言えば、7月に6ヶ月点検に出したのだが、その時も話がなかったものなぁ(笑)。

これを機会に直しておくことにしましたが、修理代が結構高いです。もちろん部品代が紐だけの値段ではないとは思いますが。 (^o^;)


【修理代】

ストライカープレート[52000631](交換) 4,080円
産業廃棄物処理代 81円
技術料 5,000円
消費税 733円

合計 9,894円


この赤い紐は、ふつうは下の写真のような状態でついています。

Himo_1_2

Himo_2


中古でジュリエッタを購入する際は、チェックしたほうが良いと思います。 (^o^;)


2016年7月23日 (土)

6ヶ月点検

ジュリエッタを6ヶ月点検に出しました。今回は冷却水の交換と冷却水のリザーブタンクの清掃をしました。冷却水が結晶化し、リザーブタンクが濁り、外から冷却水の状態をチェックできない状態でした。タンクを清掃。写真のようにきれいになりました。たぶんまたしばらくすると、濁ってくるんじゃないかと思いますが、しばらく様子見です。


009


2016年6月19日 (日)

エンジンオイル交換

昨日、ディーラーにてエンジンオイルの交換をしました。

エンジンオイル
(SELENIA StAR5W-40)    @2,100 × 5.5L  11,550
オイルドレンガスケット交換  @440 ×  1   440
工賃                      4,000       

エンジンオイルエレメント交換 @2,700 ×  1   2,700
エンジンオイルエレメント用 
Oリング交換         @720 ×  1      720
工賃                        1,500

産業廃棄物処理代                   308

消費税                         1,697

合計                          22,915


購入してからエンジンオイルを交換するのは初めてなのですが、1750TBiエンジンの
オイル交換はこんなものなのでしょうか?

ジュリエッタの前に乗っていたALFA147TIの場合、エンジンオイル交換の工賃は3,000円。
この1,000円の違いは「オイルインターバルリセット」によるものか?(請求書の項目に
載っていました。初めて見るなあ) (^o^;)

2016年3月28日 (月)

オイルフィラーキャップ及びフューエルフィラーキャップの交換

他のアルファロメオの車種もそうでしょうが、ジュリエッタにも純正アクセサリーが用意されています。中には何だかなぁというようなアクセサリーもありますが。 (^o^;)

需要ってどのくらいあるんでしょうね。ディーラーで聞いたら、車買った後にアクセサリー注文しに来る人は珍しいといわれてしまいました。車くときについでにちょこちょこ買う人はいるようですが、あんまりでないそうです。どうでもよいアイテムばかりですからね。 (^o^;)

私が今回買ったのはアルミ製のオイルフィラーキャップとフューエルフィラーキャップです。外からは全然見えないところですが、樹脂製の安っぽい最初からついてきたものよりはかっこいいでしょ? (^o^;)


006

           オイルフィラーキャップ


007

           フューエルフィラーキャップ

008

キャップはストラップで給油口の蓋につながっているのですが、はずした後は写真のように蓋に引っかけるようにしなければなりません。キャップを外した後、手を滑らせてボディに直撃!!なんていったらシャレになりません(笑)。

給油の時、心配だなぁ。 (^o^;)

2016年3月26日 (土)

カーナビの地図のバージョンアップ

うちのジュリエッタは中古で購入したので、カーナビの地図は古いまま。本日、夕食後に地図のバージョンアップ作業を行いました。

データをパイオニアのホームページからダウンロードするのですが、大きさが7.4GB(笑)。自宅では回線が細く、とてもダウンロードできないので、実家でダウンロード(SDカードにダウンロードします)しました。1時間半くらいかかったか。やっぱり光は速い。 (^o^;)

データの入ったSDカードをカーナビに挿し、バージョンアップ作業開始。システムを更新した後、「バージョンアップに90分くらいかかります(笑)」のメッセージが。う~ん、そんなに時間がかかるのか。でも明日はジュリエッタで出かける予定があるので、カーナビが使えないのは困る(更新中はカーナビが使えない)。1時間半駐車場でアイドリングをしているわけにもいかないので、1時間半ひたすら走ってきました。 (^o^;)

地図更新のたびにこんなことをしなければならないのね。でもまあ、地図が最新版になり良かったです。

2016年3月20日 (日)

冷却水

先日、ボンネットを開けてエンジンルームを覗いたら、冷却水のリザーブタンクがこんなことになっていました。 (^o^;)

リザーブタンクを見ると中の冷却水が濁っているように見えるのでチェックしてみると、キャップやタンクに冷却水の結晶?(ワインでいうと澱みたいなものか?)がこびり付いていました。

気になったので、ディーラーで見てもらったところ、メカニック氏曰く、こういうものなのだとのこと。ラジエーターやエンジンを痛めたりするようなことはありませんとのことでした。ディーラーのメカニック氏がそういう風にいうのならそうなのかなぁ。(^o^;)

しかし、別のディーラーでは客からこの症状をいわれて、エンジン丸ごと交換してしまった事例があったとか(メカニック氏談)。

Panda、Alfa145、Grande Punto、Alfa147Ti(今までに所有してきた車たち)の時はどうだったっけ?思い出せない。 (^o^;)

どっちにしても濁っててチェックしづらいし、気になるので、次回ディーラーに点検に出すときに全とっかえするかなぁ。 (^o^;)


003

004


005


※スマホで撮影 (^o^;)

2016年1月31日 (日)

車を買い換えました (^o^)

001_3

車を買い換えました。メーカは今と同じアルファロメオ。今度の車はジュリエッタ。しかもグレードはクアドリフォリオヴェルデ。新車ではとても高くて買えないので、もちろん中古です。中古でも高いのですが、MiToの新車ほどの値段で手に入れることができました(それでも高いよ)。 (^o^;)

私のジュリエッタは6速MTの右ハンドル仕様です。アルファの右ハンドルのMTは改善してほしいところがいくつもありますが、日本で乗るには右ハンドルが一番なので、目をつぶります。車を受け取ってから、調布から大月まで中央道を走りましたが、やっぱりマニュアル車は良いですね。

明日からは毎日、ジュリエッタで通勤です。 (^o^)

2015年7月13日 (月)

セレスピードオイルとミッションオイル

今回のクラッチ交換の作業明細を見ていて気が付いたことがあります。

トランスミッションオイルとセレスピードオイルがあります。セレスピードはMTなので、セレスピードオイルのほかにミッションオイル(ギアオイル)が必要です。すぐに気が付くことなのですが、セレスピードのオイルのことを検索するとセレスピードオイルのことばかり。ミッションオイルのことをすっかり忘れておりました(笑)。

明細を見るとミッションオイルは3,300円のものを2L入れ、セレスピードオイルは指定の“TUTERA CS SPEED”(入れるのは0.6Lですが、請求は1瓶です。あまりを貰っておいたほうがよかったかなぁ)。

整備、消耗品交換を今まですべて記録しているのですが、履歴を見るとセレスピードオイル交換だと思い込んでいたものが、実はミッションオイルの交換だったことがわかったものが2件ありました(笑)。

7/4にセレスピードオイルを交換を依頼したのですが、心配になって明細表を見直すと案の定、セレスピードオイルではなくミッションオイル交換(笑)になっていました。営業からメカニックへの伝達がうまくいかなかったのか、メカニックが勘違いをしたのかわかりませんが。 (^o^;)

ミッションオイルもいずれ交換しなければならないので、別にこれはこれでよいのですが(メンテナンスメニューの順番が変わっただけだと思えば)、前回交換してから走行距離が100km弱だぞ!!特別値引きは実は「前回間違って、セレスピードオイルではなくてミッションオイルを交換してしまいました。テヘ(笑)(料金返金・・・・返金にしちゃ、ちょっと多いぞ)」のような気がします。今回は明細にはミッションオイル交換が載っていますが、実際には行われず、書類上、7/4ではなく7/11に交換してことにしたのではないでしょうか。さりげなく、セレスピードオイルも全とっかえしてあったし・・・。何の説明もありませんでしたが・・・・(追求する気もないけど)。 (^o^;)

めでたしめでたし・・・・・・・ついでにエンジンマウントも交換しておけばよかった(笑)

より以前の記事一覧

最近の写真

  • 01_2
  • 01