無料ブログはココログ

2015年7月14日 (火)

冥王星

本日、アメリカの惑星探査機ニューホライズンズが冥王星に最接近します。2006年に打ち上げられて、9年かかってやっとの到着です。長かったなあ。今年に入ってから毎日のようにNASAのニューホライズンズのホームページを見てました。 (^o^)

冥王星は暗く、小さく、個人の持っているような天体望遠鏡では見ることさえ無理。それだけにすごい楽しみです。どんな発見があることやら。ガミラスノ前線基地や反射衛星砲がないことは確かですが・・・。冥王星の原住生物も。 (^o^;)

本日のNHKの9時のニュースで特集をやるみたいですが、まだ時間があるので、宇宙戦艦ヤマトの第8話を見ています。 (^o^;)

2012年5月21日 (月)

金環日食

振替休日を今日にしてもらって、日食を撮影していました。

東京は朝から曇っていたのですが、金環食の時間はちょうど雲の間から太陽を見ることができました。ほんと、ついていました。

天文趣味から離れて15年。道具もなく、ありあわせの機材で撮影しましたが、割とうまくいったと思います。フィルムカメラだと太陽の撮影って結構大変だったのですが、ISO感度を1枚ごとに設定できたりする分、デジカメは楽でした。こういうものの撮影はフイルムカメラよりもデジタルカメラのほうが使い勝手が良いですね。時代の流れを感じずにはいられません。 (^o^;)

Blog
    リコーGXR + ズミクロン90mm/F2

※ND400フィルター 2枚重ね

2009年7月22日 (水)

日食を見に行ってきました

沖縄に行ってきました。日食を見に・・・。 (^o^;)

皆既食ではありませんが9割も欠けるので、沖縄にしたのです。那覇から高速バスで1時間45分。名護というところで日食を見ていました。那覇よりも北のほうにあるので、那覇よりもちょっとだけ欠け方が大きいのです。ちょっとだけですが・・・。 (^o^;)

最初は曇っていましたが、日食が始まる頃にはうす曇りになり、欠けてる太陽を見ることができました。雲が適当に太陽の光を減光してくれたため、何も準備をしていかなかったにもかかわらず、欠けた太陽をちゃんと見ることができたのです。食の最大の頃には周りが薄暗くなり(星を見るまでには至りませんでしたが)、皆既食ではないけれどそれなりに日食を満喫できました(人も全然いなかったし・・・)。 (^o^;)

2006年8月25日 (金)

冥王星

プラハで開かれている国際天文学連合総会で、太陽系の惑星の数をそれまでの9個から冥王星を除いた8個にすることが正式に決まった。何か寂しいですね。私は太陽の周りを回っていれば全部惑星でも良いと思っているんですけどね。

冥王星って遠すぎてわからないことだらけ。天文ファンだった自分にとって、子供の頃からけっこうの魅力のある惑星だったんですけどね。クライド・トンボー氏(冥王星の発見者)がちょっと気の毒なような気がするなぁ。

最近の写真

  • 01_2
  • 01